e-今すぐお金を借りる【即日でお金を借りるための処方箋】

モビットの即日キャッシングについて

お金を借りるなら大手消費者金融が良いと思っていたので、一番早そうな業者を探していました。その中でみつけたのがモビットでした。なにやらWEB申し込みが早そうだったから。

 

それでよく調べてみるとWEB完結申し込みという方法は、銀行口座を持ってないとダメみたいなのです。電話連絡必要なし、郵送での取引もなしのため便利なのですけどね。

 

その条件とは三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っていること。また勤務先の確認の為に、健康保険証の提出も必要なようです。それを在籍証明として利用するわけで、会社に電話しなくても良いそうです。

 

また、本人確認書類は運転免許証かパスポートのみなんです。車を運転しない方は通常の申し込み方法になるようです。

 

結局私は指定の銀行に口座がないためWEB完結申し込みは利用できませんでした。そのため通常の申し込み方法を利用しなければならず、WEBに必要事項を入力して本人確認書類を提出しました。

 

すると噂どおり早いみたいで、30分も経たないうちに電話がかかってきました。申し込みの確認の電話で、入力内容に間違いが無いか、利用方法の説明などがありました。

 

結局審査には1時間ほどで終了し、その後カードの発送がありました。平日の早い時間帯に申し込んだからか?翌日にはカードが到着してビックリしました。早いを売りにしているだけあって、モビットは急ぎにも対応しやすかったです。

即日融資できた使用目的の回答について

私は以前モビットでカードローンの申し込みをしたことを紹介しましたが、その際にお金の使用目的を聞かれました。これはどの金融業者でも一緒のようで、この回答内容によっては即日融資が受けられないこともあるようです。

 

以前知り合いが話していたのを思い出し、即日融資となりにくい内容を避けて答えました。通りにくいのは生活費の不足、他社の返済のため、ギャンブル目的などです。浪費癖があると思われるため避けたほうが良いのだとか。

 

で結局何を答えたかというと、車上荒らしにあってしまい車の車両保険を使いたくなかったため、自分で修理費を出す目的で使用すると回答しました。特に問題はなかったようで、臨時の出費のためという内容が良かったようです。

 

知り合いから聞いた話ですが、医療費のため・冠婚葬祭・教育費などもおすすめです。これらの出費は何度も出るものじゃなく、予想外の出費のため仕方が無いですよね。誰でもこのような経験はあるはずです。

 

医療費なら緊急性の高い使い道かもしれない。冠婚葬祭も予想できません。教育費は入学金など大きな出費の際に利用する人も多いと思います。後は習い事にかかる初期費用などでしょうか。

 

生活費が足り無いという理由は、小額の融資ならOKですが、大きな金額を借りる際には避けたほうが良いように思います。

 

借入詳細情報はこちらです!

 

楽天銀行の借り換えで思ったこと

以前はモビットをメインに利用していたことがあるのですが、今は楽天銀行に借り換えをしました。そのときに思ったこと、審査にかかる日数などを紹介しますね。銀行系で即日融資を利用したいと思っている方は参考になると思います。

 

借り換えを検討したのは消費者金融より銀行系のほうが金利が低いことを知ったからでした。モビット自体は審査やカードが送られてくるのが早く特に不満はありませんでした。でも銀行のほうが更に金利が低くなりそうという純粋な考えから利用しました。

 

楽天銀行は借り換えの申し込みもすすめていたため利用しやすく選びました。モビットと同様にネットで申し込み、必要事項を入力して送信するだけです。

 

すると2〜3時間くらい経ったときでしょうか、申し込み受付メールが届いていました。その後審査に入るそうで待つことに。銀行なので審査も遅いだろうと思っていたら、実際早かったですね。平日の申し込みだったこともあり当日回答をもらえました。

 

申し込み欄には審査には数日かかるとも書かれていたため、正直驚きました。借り換えの手続きもスムーズで、他社への返済を済ませてくれました。

 

銀行のカードローンのなかでも、楽天銀行は審査が早くなる可能性はあるかもしれません。平日の早い時間に申し込むこと、相手側の審査が混んで無ければ早いと思います。

即日発行クレジットカードも検討しよう

私が即日融資を利用しなければならないとき、考えたのが当日発行してくれるクレジットカードの存在でした。通常1週間とか2週間とかかかるようなのですが、比較的早いカードもあるみたいなのです。

 

そのなかでもおすすめなのがセゾンカードのような流通系ですね。ほかにも商業施設で独自に発行しているカードも早いことが多いようです。早いといってもカードが郵送されるため少なくとも1週間くらいはみておいてください。早ければそれ以下でもカードが届けられることがあります。

 

ほかにおすすめなのがアコムのクレジットカードです。アコムはキャッシングだけの利用と思っている人も多いでしょうね。でもクレジットカードの発行もやっていて、キャッシング同様早いため利用してみるのも良いと思います。

 

このクレジットカードの申し込みは店舗や無人契約機でも手続きできます。一般的なクレジットカードのようにポイント向け、海外旅行保険向けというよりは、キャッシングやショッピングの利用に良いカードです。

 

元々キャッシング利用を考えているからなのか、カード発行も比較的早いですよ。自宅でネットショッピング用に持つクレジットカードとして、キャッシング目的として便利です。

即日融資のじぶん銀行とは?

じぶん銀行、新規参入の銀行のため知らない人もいると思います。即日融資が可能なネット専門銀行のため、すぐにお金が必要な人は覚えておくとよいですよ。

 

じぶん銀行とは三菱東京UFJ銀行とKDDIが経営するネット専門銀行で、普通口座を開設したり、カードローンに申し込んだりできます。

 

さすがKDDIの銀行だけあって他社より携帯電話やスマホの利便性が良いみたいです。

 

また新規参入の銀行だからか?銀行のなかでも比較的申し込み対象者が幅広いのがメリットとなっています。アルバイトやパートでもOK、総量規制対象外のため主婦でも申し込めます。一般的な銀行と比べるとかなり申し込みしやすいですよね。

 

それで即日で利用するにはじぶん銀行に口座を持っていることが前提となっています。ネット銀行としても利便性が高そうなので、口座だけ事前に開設しておくのも良いと思います。普通口座は使わなければ維持費はかかりませんし、開設手数料も必要ありません。

 

事前にカードローン目的で口座開設しておき、必要になったらローンの申し込み手続きをすれば良いだけです。口座を持っていても何も損は無いため、即日融資が必要になりそうで、銀行系が良い方は考慮しておくと良いですよ。

 

借入詳細情報はこちらです!

即日融資無利息のところ

カードローンを始めて申し込みで、即日融資を希望する際には、無利息で利用できる金融業者のほうがお得だと思います。こういった使い方もあるんだ、と知識だけ持っておくと便利ですよ。

 

即日融資対応で、30日間無利息となる金融業者は次のとおりです。消費者金融ならプロミス、銀行ならレイクやノーローンがいいと思います。レイクやノーローンはどちらも新生銀行系で、消費者金融のような要素を持ちながら銀行のメリットも得られます。

 

プロミスは土日祝日にも対応、最大21時まで受付が可能です。自動契約機が使えるため21時までその日にカードを受け取ることもできます。審査は30分前後ですが、混み合っている際はもう少しかかるため少し余裕を持って申し込んでください。

 

レイクやノーローンはどちらもレイクの自動契約機が使えます。こちらも21時くらいまで稼動していると考えておいてください。

 

そこで考えたいのが無利息って本当にお得なのか?でしょう。30日間無利息が適用されるプロミス、レイクなら10万円借りれば1,500円前後はお得に。ノーローンは1週間のみのためお得度は少々低いでしょうか。最大限無利息を使いたいならレイクの5万円までなら最大180日間無利息というほうがお得になることも。

 

レイクならWEBで30日が良いか、180日が良いかシュミレーションも利用できるため為してみて下さいね。

関連情報

借入7・・・借入から返済までの流れに沿って7つの借入に関して必ずやらないといけないことを初めてお金を借入する方にも解りやすく説明